www.goodwitchrecords.com

わたしはお医者さんに行くとよく低血圧だと言われるのですが、 「それって、あなたが貧血だからでしょ。」 とある時友人に言われました。でも低血圧と貧血って、まったく違うものなんですよね。 貧血というのは、血液中の赤血球にある取り込んだ酸素を身体の組織に運び、排出された二酸化炭素を身体の外へ排出するという働きをしている、ヘモグロビンという物質の量が減ってしまい細胞に酸素が運ばれにくくなってしまう状態を言うのだそうです。 でも低血圧というのは、心臓が血液を送り出すポンプの機能が弱かったり、足の筋肉が弱っているために下半身から血液を心臓へ戻しにくくなっている状態をさすのだと聞きました。それで上半身に血液が足りなくなってしまう為に、めまいや立ちくらみ、疲労感や肩こりなどの不快な症状が起こるんですよね。低血圧は貧血のように血液そのものに問題があるのではなく、血のめぐりの悪さに問題があるんです。 わたしは低血圧ですが貧血ではないと思うので、そういうふうに友人に説明しておきました。

Link

Copyright © 1996 www.goodwitchrecords.com All Rights Reserved.